法人口座は資金管理がとても簡単

私が現在も行っている、運用方法をお伝えしたいと思います。

まず、私が行っている運用方法とは法人口座での運用となります。個人口座では25倍の規制があり、法人口座では400倍程度の取引ができます。私が行っている手法はデイトレード、スキャルピングになります。

レバレッジは活かすことはもちろんですが買いポジションだけ、売りポジションだけというように片方向のみの取引を徹底しています。私は資金を100万円でスタートさせましたが、4年たった現在では720万円にもなっています。

10万通貨の取り引きというのは、個人で行うFXの取引ではかなり大きな取り引きと言えるでしょう。法人口座ではレバレッジの制限がありませんので、300倍の設定だと1万通貨で3000円、10万通貨で3万円の資金しか必要がありませんので、小額の資金で効率よくFXの取り引きを行うことが出来るのです。
参照:FX法人口座のおすすめランキング※ハイレバレッジ取引が魅力

FXの簡単なことであり、むずかしい部分は欲望との戦いです。
往復取ろうなどと考えてはいけないと思っています。私は欲張りのため、昔は往復で利益をあげることばかり考えていました。

しかし、法人口座を作り、たくさんのことを学びました。その集大成ともいえる方法はまず、ドル円は130円に行くということです。
自分の中で130円としてターゲットしておけば、基本的には買いポジションを増やしていけば良いのです。

法人口座は資金管理がとても簡単です。FXをやるなら法人口座がおすすめです。


YJFX!はオススメのFX会社

これからFXを始める方や、FXをしているけどもいまいち今のFX会社に良さを感じられない方には、FX会社をYJFX!にしてみることをオススメします。

~2015年9月30日までの間はスプレッドが大幅縮小していて、ドル円がなんと0.3銭という驚きの狭さです。
ドル円以外も同様に縮小しているので、スキャルピングを主な取引手法としている方には特にオススメできるFX会社ではないでしょうか。

当然人気が高い会社のため、取引高も現在世界第三位という規模ですから口座が閉鎖するなんて心配もまずありません。
安心して取引を進めることができます。

また、取引ツールではパソコンに加え、最近はスマホで取引する方も多いと思いますが、同会社のスマートフォンアプリ「Cymo」は非常に使い勝手がよく、動作もスムーズなため、是非スマホでの取引オススメします。

最近ではトレードコレクターという新しいサービスも提供されているため、まだまだ成長著しい会社の一つです。

もしFX会社に迷っている方がいればYJFX!にしてみてはいかがでしょうか。


取引がうまくいかない場合はどうすればいいか

FXの取引をしているとうまく行って利益を出せる場合もありますが、なかなかうまくいかなくて損失を出してばかりになってしまう場合もあります。

そこでもし取引がうまくいかない場合はどのようにすればいいのかというと一度取引をやめてこれまでの取引の仕方をしっかり分析することが大切であると言えます。

トレードをしているときは基本的にトレード日記をつけている人が大半なのでそれをいろいろ見返すことによって何かきっかけがつかめることも少なくありません。

しかしそのような気分にもなれないくらい負けてしまっている場合はどのようにすればいいのかというとこの場合は一旦FXの取引自体から離れて、他のことをしてみるといいでしょう。

人の人生はFXがすべてではないので、いろいろなことをすることによって気分転換をはかることができ、それによって新しい気持ちを持ってFXの取引にチャレンジをすることができます。

どのような達人でもFXの取引で損失を出していることも覚えておくといいでしょう。


スプレッドの狭い業者に移ってFXの成績が驚くくらい改善

私の使っていたFX業者は老舗のわりに新規はもちろん既存向けにもそんなにキャンペーンをしていなかったので他の業者を探して移ってみました。

スプレッドがぜんぜん違うので取引自体かなり成績が良くなりました。
また食品がもらえたりなどユニークなサービスをしていて、同じFXでも会社によって全然違うものだと感じました。

スプレッドはスキャルピングで回数を重ねてバリバリ稼ぐ人以外には多少狭まっただけじゃそれほど効果がないと考えていたけれど、私のようにスタンダードな一日数回のデイトレでも一ヶ月経てばスプレッドのコストの差が大きくなるとわかりました。

今はエントリー直後に為替に勢いがなくて分が悪そうだと判断したときはすぐに撤退する手法で取引しています。
このスプレッドの差という要素は案外大きくて同値撤退できるかどうか微妙なラインで動いていたのが、狭いスプレッドの業者に移った後にはスプレッド分の値くらいは早い段階で縮まるので安心してポジションを取り直すことができるようになりました。


海外のFX業者は怖いか

日本国内のFX業者は個人口座レバレッジ規制によって最大のレバレッジが25倍になってしまいました。

まだ規制がなかったころは100倍以上のレバレッジをかけることが当たり前にまかり通っていたころを比べると数字上は物足りない感じがしないではありません。

実際には25倍のレバレッジでも十分と考えている人も多いのでしょうが、どうしてもそれでは物足らないという人には海外のFX業者を利用するという手があります。

海外のFX業者では日本国内のように日本の金融庁の規制がききません。なので、海外のFX業者では数百倍のレバレッジどころか数千倍のレバレッジをかけられる業者もあります。
大きな勝負をしたい人は海外のFX業者を利用すべきといえるかもしれません。

しかし、日本の法律が適用されないということは危険も多いということになります。当たり前のことですが、ハイリターンを望める者にはハイリスクを覚悟しなければならないということです。

海外のFX業者では日本の法律の保護がきかないのです。


法人口座をつくってみました。

長年FX取引をしています。
最近個人口座では、レバレッジが物足りないと思うようになってしまいました。

以前から法人口座では、個人口座よりもレバレッジをあげて取引ができると宣伝されており、興味がありました。
けれど法人なんてできっこないと思い、数年頭の片隅に置いたままでした。

仕事の方が忙しくなり、時々しかチェックできないにも関わらず、取引はなかなかよい調子でした。
そして給料よりも、よい結果になっていきました。
そうして法人口座のことが、ある日気になり出し少し法人についてインターネット検索してみると出てくるわ、出てくるわ法人設立に関して信じられない程の情報量がでてきました。

そしていとも簡単に合同会社を立ち上げ、FX法人口座も開設成功!!

レバレッジも会社によっては400倍とリスクはありますが、うまく行けばハイリターンが期待出来ます。