法人口座は資金管理がとても簡単

私が現在も行っている、運用方法をお伝えしたいと思います。

まず、私が行っている運用方法とは法人口座での運用となります。個人口座では25倍の規制があり、法人口座では400倍程度の取引ができます。私が行っている手法はデイトレード、スキャルピングになります。

レバレッジは活かすことはもちろんですが買いポジションだけ、売りポジションだけというように片方向のみの取引を徹底しています。私は資金を100万円でスタートさせましたが、4年たった現在では720万円にもなっています。

10万通貨の取り引きというのは、個人で行うFXの取引ではかなり大きな取り引きと言えるでしょう。法人口座ではレバレッジの制限がありませんので、300倍の設定だと1万通貨で3000円、10万通貨で3万円の資金しか必要がありませんので、小額の資金で効率よくFXの取り引きを行うことが出来るのです。
参照:FX法人口座のおすすめランキング※ハイレバレッジ取引が魅力

FXの簡単なことであり、むずかしい部分は欲望との戦いです。
往復取ろうなどと考えてはいけないと思っています。私は欲張りのため、昔は往復で利益をあげることばかり考えていました。

しかし、法人口座を作り、たくさんのことを学びました。その集大成ともいえる方法はまず、ドル円は130円に行くということです。
自分の中で130円としてターゲットしておけば、基本的には買いポジションを増やしていけば良いのです。

法人口座は資金管理がとても簡単です。FXをやるなら法人口座がおすすめです。